スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「熱交換塗料ネオコート」の熱遮蔽効果の持続性

 ―遮熱原理の違いによる「半永久効果」―

遮熱塗料(高日射反射率塗料)の遮熱効果が、汚れ、キズに伴う経年変化とともに減衰して行くのに対して、「熱交換塗料ネオコート」は、塗膜が剥離しない限り、理論上、「半永久的な効果の持続」が可能である。また、塗布面に大気中、雨水中の汚れが堆積しても、熱の遮蔽効果が大きく阻害される事はない。キズや、カーボン状の厳しい汚れであっても、その影響を極めて受けにくい塗料である。この事は実験によって立証されており、そもそも「アスファルト面に対して応用できる」
という事実は、まさにその証である。
写真は東京都墨田区にある小学校のアスファルト舗装面の施工後4年経過の写真だが塗装面に剥がれや膨れなど無く、夏場でも子供たちが裸足で校庭で遊んでいる模様である。



osiage.jpg


夏は涼しく!冬は暖かい!節電対策塗料
新たな遮熱概念「消熱」~熱交換塗料ネオコート
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。