スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熱交換塗料 ―「新世代塗料」としての期待とその役割―


「熱を消す」という「熱交換塗料ネオコート」の独自のテクノロジーは、従来の機能性塗料の常識をくつがえしただけでなく、塗料を使った「遮熱」「断熱」における方法論の見直しと、最新技術による新しい時代の幕開けを告げていると言える。
地球規模で環境が悪化して行く中、「新世代塗料」としての期待に応えるべく、「熱を消す塗料」は、今既に国境を越えて、その実用化が進んでいるさなかである。
「赤外線対策」を必要とする、あらゆる都市、あらゆる環境に応用する事によって、「CO2 排出」―「ヒートアイランド現象」―「地球温暖化」といった、一連の環境破壊の構図に対し、今、着実に成果を上げつつある。
「熱を消す塗料=熱交換塗料ネオコート」は、まさに世界レベルでその役割を果たして行ける、現状「唯一無二の製品」と言える。


夏は涼しく!冬は暖かい!節電対策塗料
新たな遮熱概念「消熱」~熱交換塗料ネオコート 
スポンサーサイト

「熱交換塗料ネオコート」の熱遮蔽効果の耐用年数

  ―「理論値」における耐用年数―


「遮熱塗料(高日射反射率塗料)」の耐用年数が、メーカーにより諸説あるのに対して、「熱交換塗料ネオコート」の耐用年数は、「ウエザーメーターによる理論値で10 年以上」である事が証明されている。試験結果は「2000 時間をクリア」しており、200時間を1 年と見なす計測値が10 年を保障している事になる。表はスーパーキセノンウェザーメーター:スガ試験機株式会社製、による耐候性試験結果報告書である。
                    
「遮熱塗料(高日射反射率塗料)」の場合は、例え塗料定着自体の耐用年数がそれを超える物であったとしても、塗装面の汚染による「遮熱効果の低下」は、塗布した時点から始まっているという事を忘れてはいけないと言える。
15年、20年を売りする「遮熱塗料(高日射反射率塗料)」もあるが、機能性を謳った材料であるならば表現上、耐用年数は当然「機能の存続期間」でなくてはならないと言える。

夏は涼しく!冬は暖かい!節電対策塗料
新たな遮熱概念「消熱」~熱交換塗料ネオコート 

「熱交換塗料ネオコート」のカラーバリエーション

 ―方法原理の違いが「濃色塗装」を可能にする―

「遮熱塗料(高日射反射率塗料)」のカラーバリエーションは「反射効果」に的を絞っている関係上、基本的に白を基調とした淡色系の色調が多くを占めている。これに対して、「熱交換塗料ネオコート」は、混色によってあらゆる色味、色調をカバーする事は勿論、方法原理の違いから、限りなく黒色に近い「濃色塗装」を可能にしている。「遮熱塗料(高日射反射率塗料)」では、不利と思える「黒い屋根」「黒い壁」の選択が可能となる。
「特殊混和剤(熱交換分子)」が配合されているために塗面がマット調(艶消し)になる事を不適切としない限り、屋外用機能性塗料としての広範囲な色の選択が可能となる。
こうした、「塗色による遮蔽効果への影響」を受ける事の少ない特質も含め、「熱交換塗料ネオコート」は、「熱遮蔽を目的とした機能性材料としての役割」を確実に果たしていると言える。

夏は涼しく!冬は暖かい!節電対策塗料
新たな遮熱概念「消熱」~熱交換塗料ネオコート 

「熱交換塗料ネオコート」の熱遮蔽効果の持続性


  ―遮熱原理の違いによる「半永久効果」―

遮熱塗料(高日射反射率塗料)の遮熱効果が、汚れ、キズに伴う経年変化とともに減衰して行くのに対して、「熱交換塗料ネオコート」は、塗膜が剥離しない限り、理論上、「半永久的な効果の持続」が可能である。また、塗布面に大気中、雨水中の汚れが堆積しても、熱の遮蔽効果が大きく阻害される事はない。キズや、カーボン状の厳しい汚れであっても、その影響を極めて受けにくい塗料である。この事は実験によって立証されており、そもそも「アスファルト面に対して応用できる」
という事実は、まさにその証である。



夏は涼しく!冬は暖かい!節電対策塗料
新たな遮熱概念「消熱」~熱交換塗料ネオコート
 

熱交換塗料のメリットとデメリット

【熱交換塗料ネオコートのメリット】
①反射原理ではない 
   ⇒周辺への熱害防止(ヒートアイランド抑止) 
   ⇒輻射熱抑制・熱中症対策
   ⇒夜間でも消熱効果を発揮
   ⇒暗い色でも対応可能・眩しくない
②汚れに影響しない
   ⇒塗膜が剥がれない限り効果が持続
   ⇒塗替えサイクルの長期化
③表面が熱くならない
   ⇒冷房費削減・CO2排出抑制 
   ⇒生活環境の快適化
   ⇒構造物の長寿命化
④冬場の保温効果
   ⇒暖房費削減
【熱交換塗料ネオコートのデメリット】
①車道にはNG
   ⇒耐摩耗性に欠けるので車が頻繁に通行する場所は避ける。
    (駐車場・歩道・グランドなどでは実績多数)
 ②美観重視にはNG
  ⇒性質上マット調の艶消しとなる。
 ③調色について
   ⇒「真っ黒」は出ない。色によっては調色不可能
     日塗工の色見本にて調色可能(近似色、類似色)
     色によっては調色不可能な場合もある。
 ④施工性について
   ⇒塗膜の色によっては隠蔽性が低い(下地が透き通る)
   ⇒トップコートだけでは密着性が低い(専用プライマーを使用)
  ⇒乾燥が早い(塗り方によってはローラ跡が残る)

夏は涼しく!冬は暖かい!節電対策塗料
新たな遮熱概念「消熱」~熱交換塗料ネオコート 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。