FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「熱交換塗料」の熱遮蔽の特徴

―塗料による「遮熱、断熱の方法原理」を見直す―

NeOCOAT1.jpg
「熱交換塗料」の熱遮蔽の特徴は、「塗面による―熱の反射―」ではなく「塗
面による―熱の取り込み―」です。

これは、本塗料に含まれる特殊な混和剤が「特定温度内で熱エネルギーに
対し反応する」という物理的な特性を巧みに利用したもので、反射効果や断
熱効果に依存する事無く「熱の遮蔽」を成し遂げています。
「反射型材料」による「放射による熱の追放」や「断熱型塗材」に見られる
「膜厚による伝熱の抑制」とは原理的に異なった新たな方法で「熱の遮蔽」
に成功しているのです。
「反射」「断熱」という既存の二つの方法を用いずに「熱の抑制処理」を行っ
ています。
この新しい技術の応用によって「熱交換塗料」は、「太陽熱遮蔽塗料」の普
遍的課題であった「汚染に伴う効果低減化」や「膜厚に頼った強制断熱」か
ら解放されました。
こうした熱処理における差異=「原理的相違」がもたらす顕著な結果は、今
後、「屋外用熱遮蔽塗料として何を選択すべきか」を結論付けていると言える
でしょう。
例えば、反射効果に依存しないこの方法ですと、「熱反射」による、周辺部
への影響も回避する事が出来ます。
照り返しにおける眩しさや、暑さは、反射作用と相関的な関係にあります
ので、反射効率が高いほど当然熱の発散率も高くなります。
ただし時間の経過と共に反射率が低下し始めると、それと並行するように
「材料下部への熱貫流」を許し始めるようになります。やがてそれは「下層
部自体が蓄熱する」という当初の目的とは逆の結果を招いてしまう事となる
のです。
このような、反射作用に依存した考え方の「負の面」は、一般に認識され
ていないと同時に、何故か伏せられているようにすら感じられます。

夏は涼しく!冬は暖かい!節電対策塗料
新たな遮熱概念「消熱」~熱交換塗料ネオコート 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。